【立ち読み】


イワンが出場出来なくなった天皇杯準決勝。
舞台は大阪、対する相手は日本代表GKを擁するアスレティック北海道。

試合開始早々に宇田川のミスで東京クルセイドが失点。
沖やマリオ、鳥海が果敢に攻めるも、代表GK、石堂は堅実なセービングを繰り返す。

0-1のまま、健闘むなしく前半終了を告げる笛がなり、
試合は天皇杯決勝行きを懸けた後半へ―――!!






【この記事の続きを読む】